ユーチューブ

ユーチューブ

巷にはやる動画というものは、身近なところだと、やはりユーチューブになります。

 

なにしろ、パソコンに電源を入れて[ユーチューブ]と検索するだけで、世界のあらゆる人々が凝った動画を投稿してくれる。それをながめるのは、なかなか面白いものです。

 

ときには、時間がたつのも忘れて、そのものに見入ってしまいます。自分は特に、気に入った歌手のライブの歌を聴いたり、お笑い番組を見たりするのが好きで、今ではちょっとなつかしいものや、この時代にはこんなこともあったんだ、というものを日々検索しています。

 

ユーチューブは、いろいろな動画を好きな時間におおよそ好きなジャンルにわたって見れるという点では、非常に便利でありがたいものだということは誰もが共感していただけると思います。

 

このユーチューブを使った動画に関して、たしかに閲覧制限は一部あるが、規制はどこかでかけていかなければなりません。それがインターネットの自由な情報がやり取りされる世界での野放しにはできない基本のルールではないかと思います。

 

これからのこのインターネットを使った情報のやり取りは、個人レベルでの画期的な[何か]を生み出すにはもってこいの、例えば、動画を使ったジャンルでは、あたらしい感覚をもった映画監督が世に出るきっかけになるのではないだろうか?とさえ思ってしまう今日このごろです。

 
目から鱗!動画は○○で利用しよう! サイトマップ