動画フォーマットのうつりかわりについて

動画フォーマットのうつりかわりについて

動画というと今では、ブラウザでみるyoutubeなどであるけれども、以前は、windowsならメディアプレイヤーで再生し、MACならクイックタイムで再生していました。

 

本などに付属のCD-ROMに動画がとプレイヤーのソフトが入っていたものです。以前は、MACではwmvの拡張子の動画が再生できませんでした。今でも標準では出来きずプラグインをインストールしないとなりません。

 

なので、仕事でCD-ROM用の動画を作った場合、クイックタイムで再生できるものにするのが、一般でしたが、そのクイックタイムがちょっと曲者で、クイックタイム用のフォーマットで作った動画を商用に使うためにクイックタイムのソフトも同封する場合、アップルに承諾を得ないといけなくて、メールすればすぐに承諾は、得られるのですがうっかり忘れて納品しそうな時もあるので困ります。

 

それは、納品毎に必要で、そのめんどくささも、現在の動画の主流がフラッシュのflvフォーマットになってくれたおかげで、ハイブリットでwindowsもMACでも再生できて手間がかからなくなりクリエイターを楽にしてくれました。同じぐらいの画質でのデータ容量もflvは、かなり少なくすみwmvより使い勝手がよくなりました。

 

現在は、スマートフォンが普及してiphoneやandroidでフラッシュが動かないのでhtml5プレイヤーが主流になりつつあります。

 
目から鱗!動画は○○で利用しよう! サイトマップ